スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

共働き夫婦の心の健康調査〜朝日新聞記事より

昨日の朝刊の記事。

共働き夫婦の心の健康調査

 職場や家庭での出来事が、共働き夫婦の心の健康にどう影響するのか。こんな調査を、文部科学省研究班が東京都世田谷区と共同で9月から始める。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)のあり方が問題となる中、共働きによるストレスなど否定的な側面と共に、満足度など肯定面も調べる。
 調査は、東京都世田谷区で子を保育園に通わせる全約7千世帯に質問用紙を配布。夫婦双方に回答してもらう。
「仕事により、家庭ですべきことがきちんと出来ない」
「配偶者と楽しい週末を過ごした後は、仕事もより楽しく感じる」
など約100の質問に、「いつもそう」「全くない」などの選択肢から回答。
 その結果を、「仕事の負担が家庭でのストレスに与える影響」「家庭での安らぎが仕事の能率に与える影響」など、分野ごとに相関関係をまとめる。妻の仕事への満足度が夫の家事協力に与える影響など、夫婦の相互作用もみる。
 主任研究者を務める東大医学部(精神保健)の島津明人准教授も共働き。「これまでは共働きのマイナス面が注目されてきたが、メリットもある。こころの健康や仕事の能率、幸福感などを明らかにし、政策に生かして欲しい」と話す。


共働きって、マイナス面ばかりが注目されがちなんだね。
確かに、仕事と家事の両立は女性に負担が大きくなりがちだし、子供のこともあるし。
少し職場に融通が利くだけで、だいぶストレスは軽減されると思う。労働時間の短縮とか、有給の取りやすさとか。
家庭が安定していると心もおだやかで、仕事も落ち着いて出来るしね。
全ては家族からはじまるんだね。家族に感謝!

JUGEMテーマ:結婚生活






| 共働き夫婦の心の健康調査〜朝日新聞記事より | 新聞 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

共働き夫婦にミステリー〜新聞の配達ミス

朝日新聞の朝刊が、最近立て続けに4回も配達ミスが。
夕刊はちゃんと届くのに、朝刊だけ届かない日がこの1ヶ月で4回。
3回目の時は旦那も怒って、「気をつけて下さい!」って電話で怒る。届けに来た配達員はどうやら新人らしい。

共働き主婦の平日は、朝はバタバタしているので郵便受けまで取りに行けないし、夜仕事から帰って来たら朝刊と夕刊と郵便物をまとめて取り出す。
昨日ふと郵便受けを見ると、あーこれで何回目?朝刊が無い!あ〜〜〜・・・脱力感と虚無感。一体全体、どうしちゃったの朝日新聞の配達員さん!???
すぐに電話して持ってきてもらえるよう頼んだのに、1時間弱経ってもまだ来ないし。しびれを切らしてもう一度電話すると、「すみません、大至急行きます!!」ってさ。
ダブルで信用落としちゃうよぉ、怒りを通り過ぎて、やるせなさが広がる。
届けに来てくれた方も、謝りながら逃げるように帰って行くし。

新聞とるの今後も必要かしら??改めて考えてしまう。苦情は言う方も嫌だし、言われる方も嫌だと思う。何度もミスするのは、なんでだろう?対策してないのかな?他の家でも同じミス何軒かあるんじゃないかな?
最近のニュースは確かにひどい事件ばかりで、ニュースを見るのも読むのも気持ちが暗くなりがち。もしかしたら読まない方がいいのかもしれない、読む必要ないのかもしれない。今はインターネットでニュースも見れるしね。
思い切って購読止めてみようかな、そういえば最近読売さんの営業も来てたし、読売新聞に変えちゃおうかな。
とりあえず、まさか抜き取られてるとは思いにくいけど、一応しばらく朝刊はがんばって朝のうちに取りに行ってみるとするか〜




| 共働き夫婦にミステリー〜新聞の配達ミス | 新聞 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |